採用手法のこれからを考える ダイレクト・ソーシング ジャーナル

doda 中途採用をお考えの方へ

【2019年6月】人気記事ランキング TOP5

公開日:2019.07.01

PROFILE

ダイレクト・ソーシングジャーナル
編集部

ダイレクト・ソーシングジャーナル編集部です。とうとう、2019年も半年が終わりましたね。1年あっという間だと感じております。年始に立てたであろう目標を振り返るなどして、新たな気持ちで7月を迎えていきましょう。さて、2019年6月の人気記事ランキングを紹介します。

※集計期間:2019年6月1日~2019年6月30日

第1位:離職率はほぼゼロ。1年じっくりかけて1名を採用する“ピープルファースト”採用とは


希望

1位に輝いたのは、「管理をしない会社」「フルリモート」で有名な株式会社ソニックガーデン 倉貫氏のインタビュー記事でした。副業や体験入社を行いながら1年かけて採用というのは難しいかもしれません。しかし、「信頼できる人を採用する」という考え方は共感された方も多いのではないでしょうか。

記事はこちらから

第2位:「誰も牛乳屋なんて就職先に考えない」-改革人材を求める三代目社長の決断


最後に

牛乳配達という仕事をどのように興味を持ってもらうのかを考え抜いた、株式会社明治クッカー 西原氏のお話も上位にランクインしました。採用はもちろんですが「数字だけを追いかけない組織運営」のお話は、経営者からの反応が多く見られました。

記事はこちらから

第3位:【文例付】不採用通知の書き方完全版。不採用理由の伝え方や今後につながる応募者対応


【文例付】不採用通知の書き方完全版。今後につなげるための応募者対応とは

新卒採用も行われている6月。不採用通知の記事もよく読まれています。近年、タレントプール化の考え方が浸透している中で、単に不採用だと伝えるのではなく、「今後もつながり続けていく」という考え方も重要です。今一度、不採用通知の文面を見直してみてもよいかもしれません。

記事はこちらから

第4位:社員主導型のスクラム採用とは?SmartHR・ミラティブから見る採用の在り方


社長のコミットは必須

最近では「社員が主導となって採用を行う」動きも見られています。それを経営者はどう思っているのか―。注目を集めている株式会社SmartHR 宮田氏、株式会社ミラティブ 赤川氏にリアルな採用事情について迫りました。大事なのは「社員が会社を自慢したいと自然に思える環境かどうか」。自社について振り返られた企業も多いのではないでしょうか。

記事はこちらから

第5位:盛らずに、ありのままの自社を伝える。自律した個のつながりを生むピクスタの採用広報



いざ採用広報をはじめてみても、「何を伝えればいいのかわからない」という方は多いのではないでしょうか。ピクスタ株式会社は“経営者や人事、広報が「本当にそう思っていることだけ」を伝える”ことを徹底しているといいます。飾らないありのままを伝えるというのは難しいもの。どのような考えでそうしているのか伺いました。

記事はこちらから 

 
そろそろ梅雨も終わり、本格的な暑さを迎える7月に入ります。夏バテには気を付けて中途採用を乗り越えていきましょう。引き続きダイレクト・ソーシングジャーナルをよろしくお願いいたします。

Facebook

Twitter

はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご案内・お問い合わせ

dodaでは「人材採用の課題解決を支援する」さまざまなサービス・情報をご提供しております

ダイレクト・ソーシング ジャーナルについて お問い合わせ

doda 採用支援サービスについてはこちら

TOPに戻ります