採用手法のこれからを考える ダイレクト・ソーシング ジャーナル

doda 中途採用をお考えの方へ

ターゲット候補者を刺しにいかない。「常に頭によぎる存在」を目指す、PR Tableの採用戦略

PROFILE

株式会社PR Table

取締役 菅原 弘暁

1988年神奈川県生まれ。2011〜2015年、大手総合PR会社(株)オズマピーアール、内1年間は博報堂PR戦略局に在籍し、外資スポーツメーカーから官公庁、リスクコミュニケーションまで、幅広い広報業務を担当。その後、国内最大級共創プラットフォームを運営する会社でPR・ブランディングに従事し、2015年9月より(株)PR Tableに参画。採用やPR、広報などのセミナー・カンファレンスに多数登壇する。

企業のPR(パブリックリレーションズ)を促進するべく、ストーリープラットフォームを事業として展開するPR Table。数々の企業と「個」の未来を紡ぐ存在として、愛されるサービスの地位を確立しています。

従来、PRは、人事・採用担当者や広報などの限られた業種のみが行うものとされてきました。ところが、PR Table社内では、社員一人ひとりが“PRパーソン”である自覚を持ち、全社員が自社を発信しています。そのメリットとは、そして全社員が能動的に動きだす秘密とは何なのでしょうか?

前編ではPR Tableが考える今後の採用ブランディングのあり方について取材。後編となる本記事では、PR Table社内にフォーカスを当てて、PR Tableらしい採用手法を迫りました。

(前編記事:『“企業の体臭”を見つけ、色濃く匂わせる。PR Tableの考えるこれからの採用ブランディング』)

内定を出すまでガツガツしない。「常に頭によぎる存在」になる

PR TableさんはMediumやTwitterで情報発信を行い、リアルのイベントも積極的に開催されています。オンライン・オフラインでの採用活動はどのように行っているのでしょうか。

内定を出すまでガツガツしない。「常に頭によぎる存在」になる

菅原氏:オンラインとオフライン両方に言えることで、PR Tableの採用スタンスは「急がない、候補者へガツガツしない」です。そのため、Mediumの情報発信に関しても、「必ず毎月◯本リリースする」と決めているわけではなく、候補者の方がPR TableのWebサイトを訪問したときに迎える情報を残すために行っています。いわば、情報のアーカイブが目的です。

候補者の方が正しく情報を得るための場作りなのですね。イベントは「Every Day, Every one 会社説明会(エブリ採用)」「語らうゆうべ」などを開催されています。具体的にはどのような内容なのでしょう。

菅原氏:エブリ採用は、その名の通り当社で毎日開催する会社説明会です。朝と夜の時間帯で担当を交代しながら開催しています。

Every Day, Every one 会社説明会(エブリ採用)

もともと、選考を受けていただく前の「魅力づけパート」は僕ひとりで担当していたのですが、あまりに大変すぎて。みんなで採用活動を行ったら良いのではないかと、考えたところから始まりました。

「語らうゆうべ」はどのような経緯で行うことになったのでしょう。

菅原氏:語らうゆうべは、毎週開催している、ぼくを含めた創業メンバーの飲み会にゲストを招くイベントです。

このイベントを開催する前から、仕事が終わると飲み会を社内の有志で、不定期に行っていました。ただ、毎週話していると、だんだんとトピックが無くなって飽きてくるんですよ(笑)。それなら、一緒に飲んでくれる仲間を募集したらいいのではないかという、シンプルな動機から始まりました。

語らう夕べ

(語らうゆうべの開催風景 ※PR Table社提供)
とは言え、オフラインイベント開催には何か意図があるのではないでしょうか?

菅原氏:2つあります。社員自身の参加を促進し、知り合いを気軽に呼べる受け皿を作りたかったというインターナル向けの狙いがひとつ。もうひとつは、「また会いに行ってみようかな」と、候補者の頭を常によぎる存在になるためです。

結局のところ、採用したいと思う優秀な人がいても、転職を希望しているか分からないじゃないですか。その人のタイミングや気分にも左右されるので、僕らは把握できるはずがない。だからこそ、ターゲットを刺すように狙い打ちすることはほとんどありません。

把握できるはずがない

それに、転職活動って、そんなにスムーズにいくものではないと思っています。ですから、いざ転職するとき「PR Tableに話を聞きに行ってみようかな?」と思ってもらえたらそれで十分。そのために、いつでも気軽に会える場を用意しています。

「会社の性格」の発信は、ミスマッチを減らす

「会社の性格」の発信は、ミスマッチを減らす

もうひとつ、PR Tableならではの取り組みとして行っている「PRパーソン番付」について教えてください。

菅原氏:僕らのいう「PRパーソン」とは、自社とステークホルダーとの関係性を構築する人材のことを指す言葉。PR Tableでは、社員全員がPRパーソンであるための取り組みとして「PRパーソン番付」を行っています。営業、採用、登壇など、PRの一環となる行動を取ると、個人にポイントが加算されます。それにより番付(横綱から序ノ口まで6段階)が与えられ手当が支給される制度です。

始めたきっかけは、昔、採用面接を行っていたときに僕と同席した社員が言ったことに違和感を持ったからです。「どうして弊社を志望されているのですか?」と。

採用面接としては、当たり前の質問のように思えますが…?

手

菅原氏:候補者の方が会社のことをまだよく知らないのに、入社したいことが前提で面接が始まるのって違和感がありませんか? 採用面接に来たタイミングでは、Webサイトにある情報しか、候補者の方は知りません。どんな哲学があり、どんな性格の企業なのか、まずは説明して知ってもらうべきではないでしょうか。

そこで、1年半前から「PRパーソン番付」の取り組みを始め、社員に自社のことを語ってもらう機会を増やしていきました。会社説明会を毎日行うのも、同様の目的があります。

社員がそれほどまでに、自ら積極的に発信できるようになるためには、どういった組織作りを行う必要があるのでしょうか。

菅原氏:大前提として、会社と社員とのミスマッチを極力減らすことです。風土や考え方がなかなか浸透していない社員は、会社の魅力を対外的に発信したいとは思いません。

だからこそ、ミスマッチを防ぐために適切な情報発信を行う必要があります。僕らも、一時期ミスマッチによる社員の退職があったので、どうしたら防げるだろうかと考えたのです。

採用のミスマッチを減らすためにどのようなことを実践されたのですか?

採用のミスマッチを減らすために

菅原氏:2点あります。ひとつは、会社の情報をできる限りオープンにしたこと。経費、残業時間、有給取得率などの、普通は社内のみで共有する情報を公開しています。もうひとつは、「PR Table」という架空の人物像を生み出し、「会社の性格」として発信したこと。

その結果、候補者の方が、より会社のことを深く理解した状態で入社を希望してくれるようになりました。特に、会社の性格を発信することは効果的でしたね。

架空の人物像ですか…。会社の性格とは、どういうことでしょう?

人間には、それぞれ好き嫌いや得意不得意がありますよね。それになぞらえて、企業の性格を言語化して表現しました。たとえば、弊社が持つ「成長できない人は置き去りにする」性格は、自分のペースで緩やかに成長したいと思っている人にとっては「嫌い」だと思われます。

このように、会社の性格を断言することで、合わない方を事前にスクリーニングできる機会になると踏んだのです。“良い悪い”ではなく、会社にもそれぞれ個性がありますから。ハッキリとした表現を用いたことで、候補者の理解度も増したのではないかなと思います。

理想は、社員と企業の「心地いい」が重なること

採用するために良いところを見てもらうのではなく、誠実に情報を公開することで、より良い縁が結ばれているのかもしれないですね。

菅原氏:会社としては、せっかく採用するなら、その人には幸せになってほしいと考えているんです。PR Tableに入ってよかったと思ってほしい。入社することがゴールではないですから、会社とつるむことで得られるメリットを最大限に得てほしいのです。

理想は、社員と企業の「心地いい」が重なること

創業から5年目、そろそろ組織も大きくなってきたタイミングかと思います。今後、PR Tableが目指す理想の組織はどのようなものですか。

菅原氏:誰もがPRパーソンとして活躍し、複数の事業を有機的に回せる組織を作りたいです。今はまだ、僕自身が発信者として声を大にして叫び続けていないと、PR Tableそのものが忘れ去られてしまう気がするし、カルチャーの純度が落ちてしまう気がして怖いんです。でもそれは、組織として良いことではありません。僕が今果たしている機能は、やり方は異なれど、社員であれば誰でもできるはずですから。

「PRパーソン番付」の取り組みは、そんな組織作りのための足がかりとなるのかもしれませんね。

菅原氏:そう思っています。「PRパーソン番付」で会社のことを深く知り、好きになる社員が増えれば、自然と発信の多様性も増します。現に、今でもアクティブな社員は、自分の言葉でPR Tableを発信してくれるようになってきました。ちなみに、弊社には、ブログやSNSなどでの発信の際の広報チェックを設けていません。自由に書いて発信することは大歓迎。理想の形は、社員が強制されることなく、PR Tableという会社のPRを考えてくれる組織です。

会社のためになる行動と、本人たちが自分の幸せだと思って心地よくやることが重なる、そんな場所をつくりたいですね。

そんな場所を作りたい

【取材後記】

PR Tableがなぜ強い採用力を持てているのか。その答えは、社員に対しても採用候補者に対しても嘘をつかないこと、そして、「会社の性格」を発信することに隠されていました。

採用のミスマッチは、離職率を上げるだけではありません。企業のPRに社員は協力してくれず、場合によっては、不満を喧伝することもあり得る。採用力低下につながりかねません。

そうならないよう、「好き・嫌い」の明示が重要だと菅原さんは言います。カルチャーマッチの精度が向上し、社員は心地よく働いて、PRパーソンとして活躍してくれるかもしれません。企業と社員の幸せを重ねる第一歩は、シンプルな発信から生まれるのです。

(取材・文/鈴木 しの 、撮影/黒羽 政士、編集/田中 一成(プレスラボ)、齋藤 裕美子)

Facebook

Twitter

はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご案内・お問い合わせ

dodaでは「人材採用の課題解決を支援する」さまざまなサービス・情報をご提供しております

ダイレクト・ソーシング ジャーナルについて お問い合わせ

doda 採用支援サービスについてはこちら

TOPに戻ります