100年に1度の大変革期を迎えた、自動車メーカー マツダの採用戦略100年に1度の大変革期を迎えた、自動車メーカー マツダの採用戦略

100年に1度の大変革期を迎えた、自動車メーカー マツダの採用戦略

世界の自動車メーカーの中でもSmall Companyと称する自動車メーカーのマツダ株式会社。その開発・生産体制を支えた組織、構想とはどのようなものか。CASE (つながるクルマ、自動運転、シェアリング、電動化)と呼ばれる変革が進む自動車業界において、同社が描く採用戦略や組織デザインについて特集しました。
<<「採用課題の処方箋」に戻る

2022.03.18企業インタビュー

マツダ「デジタル道場」でIT×製造業人材を変革。重要性増すシステムズエンジニアリングをどう強化する――?

マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 主査(コネクティビティ開発担当) 岡野 英紀
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 情報制御モデル開発部 主幹(マツダコネクト開発担当) 池田 和裕
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 情報制御モデル開発部 (マツダコネクト車載通信機開発担当) 森田 晃之
マツダ株式会社 統合制御システム開発本部 情報制御モデル開発部 (マツダコネクトHMI・機能開発担当) 仲野 雄二

中途採用の課題をマンガで解説します!