【分析事例付】バリューチェーンとは?テンプレートを使って成功のポイントをサクッと解説

d’s JOURNAL編集部
バリューチェーンとは
バリューチェーンとサプライチェーン、その他類語との違い・関係性
バリューチェーン分析とは?テンプレートを使って分析をしてみよう
バリューチェーン分析の4つのステップ
業界別バリューチェーンの特徴
バリューチェーンの他社事例
持続的な成長のためにはバリューチェーンの再構築も必要
話題となっているグリーン・バリューチェーンプラットフォームとは
DX(デジタルトランスフォーメーション)に不可欠になっていくバリューチェーン
バリューチェーンに関するおすすめ本

事業活動における全ての活動を「価値の連鎖」として捉える「バリューチェーン」。自社の活動やリソースを洗い出し、どこで付加価値が生み出されているのかを分析することができます。経営戦略や事業戦略の再構築のために活用できますが、正しく分析するためには、具体的なステップと分析方法を知ることが重要です。今回は、バリューチェーンの概要やフレームワークを基にした分析方法、業界別の特徴を企業事例とともに紹介します。フレームワークとして活用できるテンプレートもダウンロード可能です。

バリューチェーンとは

バリューチェーン(Value Chain)とは、事業活動で生み出される価値を一つの流れとして捉える考え方です。日本語では「価値連鎖」と言い、原材料の調達から顧客に届けるまでを複数の機能に分類した上で、それらを「価値のつながり」として表します。バリューチェーンを分析することで、自社の事業活動が価値創造にどのように貢献しているのかを知ることができます。

バリューチェーンとは

注目の背景:マイケル・E・ポーターが『競争優位の戦略』の中で提唱

バリューチェーンは、アメリカの経営学者で競争戦略の第一人者であるマイケル・E・ポーターが提唱した概念です。1985年に発行した『競争優位の戦略』の中で、初めて「バリューチェーン」という言葉を用いました。ポーターは著書の中で、全体の付加価値の構造を知るための方法として、企業の活動を「5つの主活動」と「4つの支援活動」に分け、それに「マージン(利益)」を加えたフレームワークを紹介しています。フレームワークと分析方法については、後ほど詳しくご説明します。

企業では経営戦略や事業戦略として活用

バリューチェーンの分析により、企業による事業活動の「どのプロセスでどのような価値が生み出されているか」「どこに強みや弱みがあるのか」を知ることができます。現行の事業戦略・経営戦略の有効性や改善の方向性を探りたいときに有効です。また、競合他社のバリューチェーンも同様に分析し、自社のものと比較すれば、他社との差別化を図ることができます。

垂直統合・水平統合の可能性を探ることができる

バリューチェーンの分析により、「大きな価値を生み出している活動は維持・強化する」「ボトルネックとなっている活動は効率化を検討する」といった判断ができるようになります。「どの活動まで自社で行うのか」「どの工程を他社と連携するのか」といった視点を加えることで、「垂直統合」「水平統合」の可能性を探ることもできるでしょう。

「垂直統合」とは、製品やサービスを供給するためのバリューチェーンに沿って、付加価値の源泉となる工程を取り込むことです。たとえば、自動車メーカーによる部品供給工場のグループ化などが挙げられます。
一方、「水平統合」とは、バリューチェーン上の特定の工程で、それを提供する複数の企業グループが一体化することを意味します。自動車メーカー同士のM&Aがこれに当たります。垂直統合と水平統合ではメリットや目指すものが異なるため、自社の戦略に基づいて適切に選択する必要があります。

バリューチェーンとサプライチェーン、その他類語との違い・関係性

バリューチェーンと似た言葉には、サプライチェーンやビジネスシステムなどがあります。それぞれの意味と、バリューチェーンとの違いや関係性についてご紹介します。

バリューチェーン サプライチェーン ビジネスシステム エコシステム
概念

企業がつくる価値の連鎖

企業がつなぐ供給(モノ)の連鎖

製品やサービスが顧客に届くまでのプロセス

企業同士が共存・協調していく仕組み

何に着目しているのか

事業活動・プロセスごとの「価値の加わり方」に着目

原材料や部品など「モノ」の流れに着目

事業活動の構造・プロセス

企業間の連携・連鎖による収益構造

構成

自社だけで完結

複数の企業で構成

自社だけで完結

業界を超えた複数の企業で構成

サプライチェーンとの違い

サプライチェーンとは、原材料が製造・加工の工程を経て製品(モノ)となってユーザーに届くまでの一連の流れを示す言葉です。日本語では「供給連鎖」と呼ばれます。なお、サプライチェーン全体で情報を共有・連携し、全体最適化を図る経営手法を「サプライチェーンマネジメント」と言います。

●自動車製造のサプライチェーン

自動車製造のサプライチェーン

サプライチェーンは「モノの流れ」そのものに着目しているのに対し、バリューチェーンは「モノが作られるプロセス」でどのような「価値」が加わっているのかに着目している、というのが両者の違いです。しかし、サプライチェーンが生み出す供給連鎖はバリューチェーンにも大きく影響を与えるため、バリューチェーンを考える際にはサプライチェーンを必ず視野に入れる必要があるとされています。

ビジネスシステムとの違い

ビジネスシステムとは、製品やサービスが顧客に届くまでの「プロセス」を整理したものです。1981年にマッキンゼー社が提唱した概念で、バリュー・デリバリー・システム(Value Delivery System)とも言います。自社のビジネスシステムを分解し可視化することで、「自社で担うのはどの仕事か」「外部企業にはどの仕事を任せるか」「任せた仕事をどのようにコントロールするか」など、事業の全体的な設計を考えることができます。ビジネスシステムが「事業の仕組み・構造」に目を向けているのに対して、バリューチェーンはプロセスから生まれる「価値」に着目しているという違いがあります。

エコシステムとの違い

エコシステムはもともと、ある領域の生き物や植物がお互いに依存しながら、生態を維持する関係を表すものとして使われていた用語です。現在ではIT業界を中心に、業界の枠や国境を超えて、企業同士が共存・協調していく仕組みを意味する言葉として使われています。例として、「スマートフォン」と「アプリ」の関係のように、連携や連鎖により大きな収益構造を生む仕組みが挙げられます。バリューチェーンは「自社内での価値の連鎖」で完結するのに対し、エコシステムは「企業同士の連携が欠かせない」という点が異なります。

その他の類語「ビジネスチェーン」「バリューシステム」との関係

ビジネスチェーンとは、業界全体から見る事業の連鎖のことです。バリューチェーンが自社内の価値の連鎖を表しているのに対し、ビジネスチェーンは業界全体の仕組みを示しています。そのため、業界における自社の位置付けや外部環境を分析する際に活用できます。
一方、バリューシステムとは、ある産業内で複数の企業が経営資源や組織能力を提供し合い、最終顧客に対する価値創造を行っている状態をシステムと捉えた概念です。企業をまたがったバリューチェーンが、バリューシステムであると理解するとよいでしょう。

バリューチェーン分析とは?テンプレートを使って分析をしてみよう

バリューチェーンを内部分析のフレームワークとして表したものが、「バリューチェーン分析」です。事業を「主活動」と「支援活動」に分類し、どの工程で付加価値を出しているかを分析します。

●製造業におけるバリューチェーン分析の例

製造業におけるバリューチェーン分析の例

バリューチェーンの構成要素①主活動

企業の活動の中で、直接的な価値を生む活動が「主活動」です。どの活動が主活動に該当するのかは、業種や企業によって異なります。例として、製造業では一般的に「購買」「製造」「物流」「販売」「サービス」という5つの主活動があると言われています。バリューチェーンはもともと製造業を中心として考えられた手法であるため、業種によっては、自社に合わせて主活動部分を変更する必要があります。業種別の特徴に関しては後ほどご説明します。

バリューチェーンの構成要素②:支援活動

主活動をサポートするための働きが「支援活動」です。支援活動には、全般管理、技術開発、人事管理、調達など、組織の内部的な活動が含まれます。支援活動は主に、「全般管理」「人事管理」「技術開発」「調達活動」の4つがあります。具体的には次のような要素が該当します。

全般管理 経営企画や財務、経理など。事業全体に関わる活動
人事管理 人事や労務、組織に関わる総務。スタッフの採用・育成、給与・賞与などの報酬制度設計、福利厚生の整備に関する活動など
技術開発 商品サービスの設計や開発に関する活動
調達活動 社外からモノやサービスを購入(投資)する活動、外部との交渉活動

このように、支援活動は製品やサービスが顧客に届けられるまでのプロセスを、間接的に支えている活動と言えます。

テンプレートを使って分析

テンプレートを使うと、自社のバリューチェーンを簡単に分析できます。詳しい分析方法は次の章で紹介します。自社の活動に合わせ、カスタマイズして活用してください。

バリューチェーン分析の4つのステップ

バリューチェーンは一般的に、次の4つのステップで分析を行います。活用方法を含めた具体的な分析方法をご紹介します。

①自社のバリューチェーンについて把握

自社のバリューチェーンについて把握するためにまず行うのが、主活動と支援活動の洗い出し作業です。対象事業に関係する全ての活動を機能別に分類し、活動としてリストアップしましょう。リストアップが完了したら、生産や流通、消費との直接的な関連性の有無によって、主活動と支援活動に分けます。
その上で、主活動をさらに細分化していきましょう。

●製造業でのバリューチェーン細分化例

製造業でのバリューチェーン細分化例

これにより、自社のバリューチェーンを正確に把握することができます。バリューチェーンを構成する活動は業界や業種によって異なるため、自社が取り扱う事業での一般的なバリューチェーンを参考にするとよいでしょう。

②コストを分析

次に、コストを分析します。コストを分析することにより、活動ごとの収益性やコストを明確に把握できます。
まずは、Excelなどの表計算ソフトを使用して、活動ごとのコストを一覧化しましょう。その際、担当部署も忘れずに明記することが重要です。一つの活動を複数の部署で行っている場合は、合算した金額を記載しましょう。

●製造業でのコスト一覧記載例

活動 担当部署 年間コスト
(単位:百万円)
購買 購買部 300
製造 A工場 1,500
B工場 700
C工場 800
3,000
販売 本社営業部 900
海外営業部 500
1,400

コストを一覧化したら、より効果的なコスト戦略につなげるために、下記の分析も併せて行うとよいでしょう。

コスト比率の計算 各活動にかかっているコストの比率を計算し可視化する
コストドライバーを分析 コストがどのような要因に影響しているのかを分析する
(例:人件費、設備費など)
コストの関連性調査 各活動間でコストがどのような関連性を持つのかを調査する
(例:〇〇のコストを削減すると、その分△△のコストが増大する など)

これらの分析により、効率的な活動と非効率的な活動が明確に区別され、コスト削減の方法をピンポイントで模索することが可能となります。

③強み・弱みを分析

コストの分析が終わったら、各活動が持っている強みと弱みを分析していきます。事業の現状を正しく反映させるために、できる限り多くの関係者から話を聞いた上で、資料にまとめましょう。

●卸売業での強み・弱み分析例

●卸売業での強み・弱み分析例

併せて、競合企業の強みと弱みについても分析・比較しておけば、今後の戦略を立てやすくなります。

④VRIO分析

バリューチェーン分析の活用法として、最後にVRIO(ブリオ)による経営資源の競争優位性分析を行います。VRIOとはValue(経済価値)、Rareness(希少性)、Imitability(模倣可能性)、Organization(組織)の頭文字を取ったもので、組織が持つ内部資源の有効活用の可能性をチェックするフレームワークです。

●VRIO分析の4つの要素

Value(経済価値) ある経営資源を保有していることによって、企業は外部環境の機会を活用、あるいは脅威を無力化することができる
Rarity(希少性) その経営資源を保有する企業が少数である
Imitability(模倣可能性) その経営資源の獲得・開発・模倣コストが非常に高い
Organization(組織) その経営資源を活用するための組織的な方針がある

通常のVRIO分析では「経済価値→希少性→模倣可能性→組織」の順に、「Yes」「No」で判定を行います。「Yes」の数が多い活動は「競争優位」に、少ない活動は「競争劣位」にあると判断できます。

●アパレル業でのVRIO分析例

アパレル業でのVRIO分析例

自社が生み出す価値の最大化のためには、バリューチェーンの各活動において、VRIOの4つの要素が全てそろっている状態が理想とされています。「No」と判定された活動に対しては、何が不足しているのかを分析し、それを補うための施策を導入することにより、事業の価値を高めていくとよいでしょう。

業界別バリューチェーンの特徴

先ほど紹介した通り、バリューチェーンの主活動・支援活動は、業界・業種によって異なります。業界別の特徴について、製造業、サービス業、農業を例にご紹介します。

製造業

製造業では、「製品」を生み出す活動が価値創出を担うための大切な部分とされています。そのため、購買・加工・製造が活動のメインと考えられます。特に原材料購買活動は、コストを左右する重要な役割を担っています。価値を最大化するためには、製造・加工した製品が、迅速かつ安定的に顧客に届くよう活動を連携させることが必要です。

業界別バリューチェーンの特徴:製造業

サービス業

サービス業では、企画したサービスにどの程度のニーズがあるのかといった「事業の訴求性」が、価値創出の要となります。そのため、サービスの企画や購買に向けた営業活動が活動のメインになると考えられます。それに加えて、顧客との関係性を構築するためのカスタマーサポートも欠かせません。業種や自社の持つサービスの特徴などを把握した上で、「どの活動にコストをかけるのか」を検討するとよいでしょう。

業界別バリューチェーンの特徴:サービス業

農業

農業ではこれまで「バリューチェーン」の考え方があまり浸透しておらず、農家、加工会社、販売会社など、それぞれが個別に付加価値を生むという意識が一般的でした。しかし現在では、農林水産物の生産から製造・加工、流通、消費に至る各段階の付加価値をつなぎ合わせ、「バリューチェーン」を生み出している企業が増えています。これを「フードバリューチェーン」と言います。フードバリューチェーンを意識した活動を重視することにより、品質の向上や新しい流通システムの構築や販売ルートの新規開拓などが期待できるでしょう。

業界別バリューチェーンの特徴:農業

バリューチェーンの他社事例

独自のバリューチェーン分析により、他社との差別化や効率化に成功した3つの企業事例をご紹介します。

トヨタ自動車株式会社

トヨタはモビリティカンパニーへの変革に向け、2016年に「コネクティッド戦略」を発表しました。その中では、既存のバリューチェーンは維持・拡大させながらも、MaaS(Mobility as a Service)への取り組みを加速させていく意向が表明されています。MaaSとは、「ICT(情報通信技術)を活用してマイカー以外の移動をシームレスにつなぐ」という概念のこと。近年需要が高まっているカーシェアリング、ライドシェア、サブスクリプションサービスの展開により、トヨタ車の運用拡大はもちろん、メンテナンス、保険、リースといったバリューチェーンの確保も図っていくようです。
(参考:トヨタ『アニュアルレポート2019』)

ZARA

ZARAでは、製造のみを工場で行い、その他の企画・デザイン・設計等の工程は全て本社で行う一貫体制によって、サプライチェーン全体を効率化させています。商品の内製により、需要に合わせ製造量をコントロールできているため、コスト削減が実現できているようです。また、製品完成までのリードタイムを徹底的に短縮化させたことで、2週間ごとに新商品を投入するといったバリューを顧客に提供しています。
(参考:経済産業省 製造産業局『第1回 アパレル・サプライチェーン研究会』)

東京ガスグループ:LNGのグローバルバリューチェーン

東京ガスグループでは、LNG(液化天然ガス)の調達から輸送、都市ガスの製造、供給、エネルギーソリューションの提供まで、一連の事業活動を自社で行っています。安定的なLNGの調達や強固なインフラ、地域密着型の営業体制により、「快適な暮らしの実現」という価値を提供しているようです。また、効率的な運輸手法により、地球環境への貢献やエネルギーコストの削減なども実現していくとしています。
(参考:東京ガス『チャレンジ2020ビジョン』)

持続的な成長のためにはバリューチェーンの再構築も必要

近年、IT技術の急速な進展や新型コロナウイルスの影響などにより、将来の予測が困難な状況になってきています。これを「VUCAの時代」と言います。新しいイノベーションによりこれまでの付加価値構造が破壊され、新しいビジネスシステムへの変化が求められれば、事業の定義やルールが根本的に変わってくるでしょう。企業が持続的に成長を遂げていくためには、変化に応じたバリューチェーンの再構築である「デコンストラクション」が必要です。新たな事業構造の中で、これまでにないバリューチェーンを生み出せれば、画期的な新規ビジネスを創出し、競争優位を築くことができるでしょう。
(参考:『【3分でわかる】VUCAの時代で何が変わる?取り残されないための4つのスキルとは』)

話題となっているグリーン・バリューチェーンプラットフォームとは

グリーン・バリューチェーンプラットフォームとは、サプライチェーン全体で温室効果ガスの排出量削減を行う、日本独自の取り組みのこと。温室効果ガスの排出段階を、「直接排出量(自社の工場や車両からの排出)」、「エネルギー起源間接排出量(エネルギー使用による排出)」、「その他の間接排出量(自社以外の関係事業者などからの排出)」の3つに分け、サプライチェーン全体での排出量削減を推奨しています。企業には、自社の生産活動における削減はもちろんのこと、自社以外の関係事業者との連携を図りながら、サプライチェーンの全過程で温室効果ガスを削減することが求められるでしょう。

DX(デジタルトランスフォーメーション)に不可欠になっていくバリューチェーン

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、ITの浸透により人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させるという考え方で、今多くの分野や業界で注目を集めています。データとデジタル技術の活用により、顧客や社会に対する付加価値の向上が期待できるとしています。事業プロセスにおいて、DXを特定の部門・部署別に使っていては、いくら最新のテクノロジーでも十分な効果は期待できないでしょう。DXの導入では、事業に関わる全ての活動、すなわちバリューチェーン全体を俯瞰し再構築することが望まれます。

バリューチェーンに関するおすすめ本

バリューチェーンについて詳しく学ぶことができる本を紹介します。

グローバル・バリューチェーン 新・南北問題へのまなざし(日本経済新聞出版)著】猪俣哲史

「グローバル・バリューチェーン(GVC)分析」とは、国際生産分業ネットワークにおいて、どの段階でどれぐらいの付加価値が付くのかを膨大なデータを駆使して分析する手法です。本書では、GVC分析を基に、国際経済の構造と動きがわかりやすく説明されています。グローバル事業を展開している企業のビジネスパーソンにおすすめの1冊です。

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略(早川書房)【著】ジョアン・マグレッタ

バリューチェーン分析を提唱した、マイケル・ポーターの競争戦略論を学べる本です。バリューチェーン分析以外にも、競争優位、5つの競争要因(ファイブフォース)などの競争戦略に関するアイデアが、豊富な事例と最新の理論に基づいて解説されています。

まとめ

事業活動の流れを「価値の連鎖」として捉えるバリューチェーン。バリューチェーン分析を有効に活用するためには、「自社の活動の洗い出し」や「コスト分析」「VRIO分析」といったステップを順番に行うことが重要です。業界別バリューチェーンや他社事例などを参考に、社内のより多くの関係者から話を聞く形で進めていくと、より効果的でしょう。バリューチェーン分析を通じて「自社が生み出している価値は何か」「競争優位性はどこにあるのか」を知ることにより、今後の事業の成長や新しい価値創出につなげてみてはいかがでしょうか。

(制作協力/株式会社はたらクリエイト、編集/d’s JOURNAL編集部)