DODA 中途採用をお考えの方へ

「社員の才能を開花させたい」それが、採用力強化のキーワード|サイバーエージェント曽山哲人氏インタビュー

2017年02月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今期より株式会社サイバーエージェントが、人事領域の体制を『採用育成本部』と『人事本部』の2部門に分けました。この取り組みからは、“採用”にさらに力を入れるという同社の考えが読み取れます。

取締役 人事管轄である曽山氏が考える、“採用”強化の必要性とは? また“採用”を強化することで、どのような未来を描いていくのか? じっくり伺ったお話を紹介します。

INDEX
 サイバーエージェントが人事領域の体制を変えた狙いとは
 採用の有り方は、刻々と変化を続けている
才能開花で、大化けする社員を生み出していく

【PROFILE】
プロフィール画像_曽山氏

株式会社サイバーエージェント 取締役 人事管轄 曽山 哲人 氏
1974年生まれ、上智大学文学部英文学科卒業。1999年、株式会社サイバーエージェントにインターネット広告の営業職として入社し、後に営業部門統括に就任。2005年から人事本部設立と共に人事本部長に就任。現在は取締役を務め『採用育成本部』を管轄している。ブログやソーシャルメディア、著書による情報発信も多数あり、人材マネジメントや組織活性化など、幅広いテーマで講演・教育活動も積極的に行っている。

 

|サイバーエージェントが人事領域の体制を変えた狙いとは

――今期よりサイバーエージェントは「採用育成本部」と「人事本部」の2部門制で、人事領域の業務を遂行すると聞きました。この体制に至った経緯を教えてください。

曽山氏:今期より、人事部長だった武田 丈宏が執行役員に就任しました。その結果、我々がCA18と呼んでいる18人の取締役・執行役員の中に、人事管轄から私と武田の2名が入ることになったのです。

人事管轄に2人の役員がいる状態になったため、これまで以上に効果的に成果を上げていく必要があります。そこで責任の所在と、業務の役割分担を明確化しました。『採用育成本部(メンバーは約10名)』は、私の管轄。『人事本部(メンバーは約30名)』は、武田が管轄します。

『採用育成本部』と『人事本部』の担当業務は、それぞれ次のようにしています。

『採用育成本部』
□ 新卒・中途の採用
□ グループ企業も含めた人材育成プログラムの展開

『人事本部』
□ 労務・総務
□ 人材の能力開発(社内の適材適所を実現するための社内ヘッドハンティング業務)
□ 人材科学センター(適材適所のためのデータ分析をする部門)との連携業務
□ 事業推進業務(全社会議や大型研修などの運営業務)

2部門制に分ける前は、『人事本部』『人材開発本部』『事業人事本部』という3部門制で人事領域の業務を遂行していました。2部門制にしたのは、役員人事を変更するタイミングだったことに加え、“採用”を強化する必要性を感じていたことも理由です。

これまでは、新卒採用業務を『人材開発本部』が行い、中途採用業務は『事業人事本部』が中心となりながらも、全社横断で行っていたため採用業務が複雑化していました。

そこで『採用育成本部』を立ち上げることによって、新卒・中途採用と人材育成を集中して行う体制を作り、『人事本部』が労務や総務といった業務を担う役割分担にしたのです。

もっともサイバーエージェントは、集中と拡散を繰り返すことで成長してきた会社です。今回のように人事領域を3部門制から2部門制にするまでの間も、何度か変化はありました。事業方針や市場環境の移り変わりに合わせて体制変更の必要性を感じたら、柔軟に変えていくつもりです。

 

|採用の有り方は、刻々と変化を続けている

インタビュー答える曽山氏_その1

―― さきほど採用を強化する必要性を感じていたというお話がでました。サイバーエージェントの採用における課題を教えてください。

曽山氏:今感じている大きな課題はありません。当社では多くの現場社員が採用に関わってくれていますが、活躍している社員が採用にも積極的に参加していますし、新卒採用で実施しているインターンシップなどでも大きな反響をいただいています。現場のマネジメント層からも、優秀なメンバーが配属されているといったフィードバックを貰っています。

しかし現状に満足せず、採用には力を入れ続ける必要があると思っています。有効求人倍率は年々高まっており、転職や就活、採用の手法も多様化しています。そういった環境の変化に対応していくには、採用と人材育成の専門組織が必要だと考えました。

今回『採用育成本部』という専門組織を作ったことで、社員の“才能開花”を一気通貫でサポートできるようになりました。採用担当者の多くは、自分が採用に携わることで入社した社員を、末永くサポートしていきたいと思っています。

しかし採用だけを専門に行う組織体制だと、入社した社員が配属された後にサポートしようと考えても、どうしても踏み込めない部分があります。その状態を打破したかったのです。

入社した社員たちにとっても、その方が良いと思うのです。採用組織が入社後も継続してサポートしてくれることで、仕事の悩みや部署異動を前提とした社内でのキャリア構築に対する要望も、同じ相手に相談できるからです。社員に安心感を持って働いてもらうためにも、採用と育成を一つの部署で行う意義が大きいと思っています。

 

才能開花で、大化けする社員を生み出していく

インタビューに答える曽山氏_その2

――社員の才能を開化したいという思いを実現するための組織体制変更なのですね。それが自社の採用を強化していくことにも繋がると。

曽山氏:そうです。サイバーエージェントは入社した社員の才能が開花し、“大化け”できる会社であるという認識をもっと広げていきたいと思っています。実際に、この大化けという部分には実績があります。

当社は、市場環境の変化にあわせて新規事業を数多く生み出し、継続的な事業拡大を図るという経営方針のもと、去年だけでも13社を設立しました。どの業界を見回してもこれだけ新規事業を立ち上げている会社は少ないのではないでしょうか。そのうえ新会社の社長は大多数が20代です。

立ち上げた新会社の生存率は5年で約5割。この数字も一般的なデータと比較すると圧倒的に高い数字だと思います。そのうえ事業が上手くいかなかった5割の会社の社長や社員に対しても、当社はセカンドチャンスを提供しています。

そのため事業が失敗したことが理由で退職する社員はほとんどいません。事業で失敗した経験がある人は、その学習により同じ失敗はしないからこそ、他事業部から引く手数多の状況です。

事業立ち上げを経験した社員を引き抜いた事業部は、事業成功の確率が上がりますよね。たとえ失敗しても、それを経験した社長や社員も他の事業部でそれまでの経験を活かすことでまた成長します。こういった循環の形ができています。

意欲的な社員には20代の若手でも、抜擢して大化けする環境を提供する。大化けしたら素晴らしいし、大化けできなくても、その失敗を糧に学ぶことができる。そのような社員の才能が開花する環境を作っています。当社に入ったら大化けできるという事例をもっと増やし、そんな認識を広げていきたいですね。

――曽山さんは、社員たちと日ごろから頻繁にコミュニケーションを取られていると伺っています。社員の方たちとお話をされていて、大化けした社員が増えたことを実感する場面はありますか?

曽山氏:「自分が、こんなに活躍できるとは思わなかった」というセリフが、社員の口から自然に出てきた時に実感します。こんなに嬉しいことはないですよね。本人の想像を超えた活躍ができる社員が増えれば、事業にも良い影響を与え会社の成長にもつながります。

社員たちから直接聞くフィードバックは、何よりも大事だと思っています。それは、人事施策を行う上で、私が最も大切にしている人ありきという部分にもつながります。

【この記事のまとめ】
人事領域を『採用育成本部』と『人事本部』の2部門制に分けたのは、採用と育成を一気通貫で行い社員のキャリアをサポートすることで、社員たちが才能を開花できる環境を作りたかったからだと曽山氏は語ります。新卒・中途を問わず、採用候補者を取り巻く環境や採用手法は、目まぐるしく変化しています。

その変化に対応する上でも、採用と育成に力を入れていくことは、どのような企業にも求められていくのではないでしょうか。サイバーエージェントの取り組みや考え方から、その重要性を感じ取ることができます。次回の記事では、人事施策を実行していく上で、曽山氏が重視している感情マネジメントについてフォーカスした内容をお届けします。

■Information
インテリジェンスでは、今回の記事のような「採用にまつわる知識やハウツー」を学んでいただくために、転職市場の動向や採用トレンドなど、様々な分野・領域をテーマに無料セミナーを定期開催しています。人事・採用担当者様はぜひ、ご参加ください。直近の講座内容や日程の確認・お申し込みはこちらのページからお願いします。

このトピックをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このテーマに関連する記事

採用のマーケティング活動もできる。採用における転職フェアの活用方法とは?|中途採用成功マニュアル

2017年04月20日

採用テクニック

Yahoo! JAPANから学ぶ、採用を進化させる基準の作り方|ヤフー株式会社 人財採用部 金谷俊樹 氏

2017年04月18日

採用の今を知る

採用成功率を高めたいスタートアップ企業こそ、ブランドを大切に。次のステージにステップアップする採用力の高め方【人材エージェント高野秀敏 氏が解説】

2017年04月13日

採用テクニック

実は、取り組んでいる人事・採用担当者は少ない?ITエンジニアの採用における基本行動とは|キープレイヤーズ CEO 高野秀敏 氏インタビュー

2017年04月11日

採用テクニック

内定を断られない方法。面接における動機付けコミュニケーションの真髄|株式会社JAM 水谷健彦氏

2017年04月06日

採用テクニック

「面接=万能な選考ツールではない」。採用学の知見から学ぶ、募集・選考・面接の各フェーズで考えるべき行動とは?

2017年04月04日

採用テクニック

採用に強くなる鍵は「理論」。採用学の第一人者が考える、科学的知見からの採用力向上の術とは?

2017年03月30日

採用の今を知る

限界ギリギリまで、メスライオンの採用ノウハウを公開!ダイレクト・ソーシングのパワーアップ講座をレポート

2017年03月27日

採用テクニック

TOPに戻ります